JASSみんの小箱

jassmin.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日から重要文化財指定記念特別展「八日市地方遺跡から越(コシ)の国へ」が始まりました!!
b0213406_2344626.jpg

以下、小松市のHPより転載です。↓

とき: 平成23年10月29日(土曜日)~平成24年1月9日(月曜日・祝日)

ところ: 
【第一会場】小松市埋蔵文化財センター 展示室 (住所 石川県小松市原町ト77番地8)  
【第二会場】河田山古墳群史跡資料館(住所 石川県小松市国府台三丁目64

開館時間: 
【第一会場】9時~17時(入館は16時30分まで) 
【第2会場】〈10・11月〉10時~16時30分(入館は16時まで)、〈12月・1月〉10時~15時30分(入館は15時まで)

休館日: 【第一会場・第二会場】毎週水曜日(祝日を除く)、祝日の翌日、12月29日~1月3日

展示観覧料: 【第一会場】100円(高校生以下無料、20名以上で団体割引一名80円) 【第二会場】無料

展示内容:  小松駅東に位置する八日市地方遺跡は、北陸を代表する弥生時代中期に盛行した拠点集落として評価を受けており、本年、出土品1,020点が国の重要文化財として指定を受けました。これを記念した特別展第2弾として、2会場にわたり、弥生時代の始まりから終焉までを展示します。
【第一会場】
■縄文時代から弥生時代へ
■大規模拠点集落の誕生
■大規模拠点集落の解体と百余国(ひゃくよこく)の時代
【第二会場】
■四隅突出墓(よすみとっしゅつぼ)の展開
■弥生終末期の世界
■古墳の成立と展開

-展示される遺跡一覧-
・小松市 八日市地方遺跡、河田山遺跡、念仏林南遺跡、白江念仏堂遺跡、一針B遺跡、六橋遺跡、八里向山A遺跡
・富山市 千坊山遺跡群
・羽咋市 吉崎・次場遺跡
・金沢市 西念・南新保遺跡、無量寺B遺跡、大友西遺跡、戸水B遺跡
・白山市 乾遺跡、一塚墳墓群
・坂井市 高柳・下安田遺跡、下屋敷遺跡
・福井市 小羽山墳墓群、林・藤島遺跡
・敦賀市 吉河遺跡 など

協力機関
富山市埋蔵文化財センター、石川県教育委員会、(財)石川県埋蔵文化財センター、金沢市教育委員会、金沢市埋蔵文化財センター、白山市教育委員会、福井県教育庁埋蔵文化財センター、福井県立歴史博物館、福井市教育委員会、福井市立郷土歴史博物館







今回はセンターを飛び出して河田山資料館が第2会場に!
石川県だけでなく福井県、富山県の遺物も!!
この機会をお見逃しなく!
[PR]
by JASSmin-hako | 2011-10-29 23:25 | 考古学のお話

福井市立郷土歴史博物館

今日は福井市立郷土歴史博物館へ!

福井駅の近く、ということで、なんとかなるだろうといざ出発!
順調に福井駅周辺に到着するも…あれ…?たどりつけない!?
自分の方向音痴をなめてました…が、なんとか到着。ふぅ
b0213406_1057784.jpg

常設展示は「ふくいのあゆみ」「古代のふくい」「城下町と近代都市」「幕末維新の人物」のコーナーに分かれていました。
「古代のふくい」では福井市内の古墳の出土品が数多く展示されていました。
龍ヶ岡古墳の石棺内を探索するゲーム感覚の展示も。
龍ヶ岡古墳からは人骨も出土していたのですね…恥ずかしながら知らなかったのでびっくり。
そのほかの優れた副葬品を見ると、当時の福井平野の豪族たちの力の強さがうかがえました。

古墳の石棺にも使われた笏谷石もピックアップされていました。
江戸時代には九十九橋や石造物等にしようされました。
古墳時代から近代にいたるまで、笏谷石が人々の生活、文化を支えていたのですね。

福井市立郷土歴史博物館は映像やコンピュータを生かした展示が多いように感じました。
古墳時代のコーナーでも、各古墳群の位置をタッチすると、その詳細な説明が見られるものも。
省スペースで多くの情報を得られてメリットも多く感じますが、パッみて情報を得られる年表も捨てがたく感じました。

館の外には福井城の舎人門が復元されていました。
石垣の復元には発掘で出土した石が再利用されたようです。石材はやっぱり笏谷石。ここでも活躍です。
b0213406_10572031.jpg

館が建っている場所は、武家屋敷だったようで、発掘調査で『礒野』と書かれたお皿が出土したことから、礒野さんのお宅だったことがわかりました。
こちらは礒野さんちのお庭の池。礒野さんと言われるとどうしても、あの国民的一家が…
b0213406_10573864.jpg


福井市立郷土歴史博物館は常設展の他に特別展も。
今回はみませんでしたが、今は『御三家 一橋徳川家と田安徳川家』を開催中。11月23日まで。

福井市立郷土歴史博物館を訪れる際は、ルートをチェックしてくださいね!
あれ?迷うのは私だけですか?
[PR]
by JASSmin-hako | 2011-10-19 10:56 | 考古学のお話
石川県埋蔵文化財センターの古代体験祭りに行ってきました!
いろいろと体験の指導の仕方や、メニューを見学です!

常時受け付けしている体験メニューの他に、○×クイズや万葉の歌会などのイベントも開かれていました。会場につくと、ちょうど歌会が終わったところだったようで、奈良時代の官服を着た歌人たちがちらほら。
今日は越中守、大伴家持が来ていたようです。
家持が越中守だったころは、能登は越中の国でした。能登視察の後にここに立ち寄ったのでしょうか。

こちらは「古代の大工さん」磨製石斧を使って、丸木を切断、皮をはついていきます。
うーんなかなか難しい。そしてやっぱり重いですね。
石斧は蛇紋岩製。グラインダーで荒削りした後に研磨したとのこと。
b0213406_10305796.jpg

土器での古代米の炊き出しも。
私も頂きましたが、やっぱり土器での炊飯はなかなか高度な技術が必要みたいですね。
b0213406_1031834.jpg

里芋の収穫体験も。小さい子も一生懸命収穫していました。
b0213406_10312143.jpg


弓矢体験もあり、元弓道部としては、大当たりを狙いたいところ。
滑空する鷹に当てられれば大当たり!弓を引き絞って狙いを定め…
残念ながら、鷹には当てられず、その向こうにいたクマに命中…残念。
鷹はロープで動く仕組みで、凝った仕様でした。

流石に県のセンターのお祭りは規模が大きく、参加者も沢山!
今日の見学を今後に生かさなくては。
[PR]
by JASSmin-hako | 2011-10-16 10:29 | 日記

替え

今日はせっせと衣替え。
急に寒くなってしまいましたね。
9月の終わりごろまでは、蝉とコオロギが共存する、季節感の無さでしたが、一気に秋らしくなりました。
こういうタイミングで風邪をひきやすくなりますよね。
なんだかRSウィルス、というものも流行っているよう。
小さなお子さんがい方は特に気をつけてくださいね。


秋冬にむけて衣替えですが、小松市埋蔵文化財センターもそろそろ展示がえの時期です。
現在開かれている特別展「八日地方遺跡」展は今月10日まで。
6月に指定された重要文化財が一挙に見られるチャンスです。
まだご覧になってない方は、連休の機会にどうぞ006.gif
詳細はこちら→http://www.city.komatsu.lg.jp/maizoubunkazaichousa/maibun-oshirase.html


そういえば、金木犀も香ってきました。
いつかお庭に欲しい木です。
我が家にお庭はないけどね。
[PR]
by JASSmin-hako | 2011-10-05 20:55 | 日記

日常のちょっとしたことを書き綴る日記 手作りのこと、ペットのこと、考古学のこと、などなど…


by JASSみん